「KAIMIN BODY 山形」グッスリ眠れる健康な身体へ

oshio1

こんにちは!

KAIMIN BODY整体院です。

 

妊娠をしている過程で身体も変化していき、肩こりや腰痛など身体の不調が出やすくなります。

またホルモンバランスなどにより身体的なストレスだけでなく

精神的ストレスが起きてきたり妊娠中に特有な変化が出てきます。

 

この時に整体にいくことで症状が軽くなり身体の負担を軽減されることが出来ます。

しかし、「妊娠中に整体は大丈夫なのかな?」「赤ちゃんに影響がありそうで行くのが怖い」

といったお悩みがあると思います。

 

そのような方に安心して整体で施術を受けていただけるように

今回は妊娠中に整体を受ける時の注意点をお伝えします!

 

なぜ不調が起きやすいのか?

妊娠し赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹も大きくなると、

お腹を支えるために肩甲骨周りや腰・股関節などの筋肉が緊張してきます。

筋肉の疲労が蓄積されていくと肩こりや腰痛・坐骨神経痛のような症状が出てきていまします。

 

また妊娠することでホルモンバランスにも変化が起きてきます。

特に「リラキシン」というホルモンは妊娠初期から分泌される量が増えていきます。

リラキシンは骨盤を中心に全身の靭帯を緩める作用があり

靭帯を緩めることで赤ちゃんが産道を通りやすくなります。

 

しかし、骨盤が歪んだ状態となりやすいので腰痛や股関節痛など身体の不調が出てきやすいです。

さらに産後も骨盤が歪んだ状態で生活していると

慢性的な腰痛やむくみ、冷え性、産後の尿もれなど様々な症状が出てきます。

 

妊娠中は整体を受けることができる?

妊娠中でも整体を受けることが出来ます!

しかし妊娠期間で整体を受けない方がいい時期もあります。

 

一般的に整体を受けられる期間としては、

妊娠16週目の安定期からお腹が大きくなってきた8ヶ月目

が目安と言われています。

 

反対に整体を控えたほうが良い期間としては妊娠初期の時期となります。

妊娠初期の場合は胎盤も完成しておらず強い刺激などを受けると胎児に影響が起きる

可能性があるので妊娠初期に整体を受けるのは避けたほうが良いです。

 

整体を受ける時の注意事項は?

産婦人科医に相談しましょう

妊娠中に整体を受けるときは担当産婦人科医に相談しましょう。

妊娠中の身体の変化や妊娠の過程は個人差があります。

またどのような施術なら受けてよいかなど相談することで安心して施術を受けることが出来ます。

症状によっては施術を受けることができない事もあるので事前に相談しましょう!

 

少しでも体調が悪いときは休みましょう

今日は整体に行く日だけど少し体調悪いなと思うときがあると思います。

その時は無理に整体に行くより家で休みましょう。

無理に整体を受けることで体調がさらに悪化する可能性があります。

 

ご連絡いただければ予約の変更も可能なので体調が悪いときは

お気軽にご連絡下さい!

 

最後に

妊娠中に整体を受けることができる期間は妊娠16週目の安定期から8ヶ月目。

整体を控えた方が良い期間は妊娠初期です。

また整体を受ける前に一度、産婦人科医に相談することで安心して施術を受けることが出来ます。

 

当院では国家資格をもつスタッフのみが施術をさせていただいておりあなたの不調を

専門的にカウンセリングし最適な施術プランをお伝えします!

 

妊娠中の身体の痛みや不調は整体で良くすることができます。

まずは症状の相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせお待ちしております!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

山形市の整体ならKAIMIN BODY PAGETOP